リハビリ専門学校って?


リハビリ専門学校というのは、国家資格である作業療法士や理学療法士の試験に合格し、取得した資格を武器に作業療法士や理学療法士として現場で活躍することを目指す養成校のことをいいます。リハビリ専門学校には3年制と4年制の2種類があり、3年制は3年間、4年制は4年間という在学期間を使って、国家資格の取得を目指します。3年制の場合は修了者に対して専門士の称号が与えられ、4年制の修了者には高度専門士の称号が与えられます。なお、リハビリ専門学校以外では、大学に通う選択肢もあります。

この場合、卒業時には学士などの称号を獲得することが可能です。入学するリハビリ専門学校選びのポイントですが、合格率や就職率は最低限チェックしておきたいところです。合格率が高いほど作業療法士や理学療法士の国家試験をクリアしている人が多いことを表しており、就職率は高いほど現場で活躍している先輩達が多いということを表しています。そのほかには、座学だけでなく実技・実習が充実していること、学習しやすい施設・設備が整っていること、通いやすいところにあること、興味のある分野の臨床実習先があることをチェックしましょう。

また、学費も忘れずに比較したいポイントの一つです。家計の負担を考慮すると安いに越したことはありませんが、一回あたりの費用負担を軽くする学費の分納制度のほか、利用可能な奨学金制度がないかも確認したいところです。なお、リハビリ専門学校は3年制と4年制とで特徴が異なりますし、大学ともまた違いがあります。それぞれの特徴を当サイトでは解説していますので、興味のある方はほかのページの内容もチェックしてみてください。

■リハビリ専門学校関連
作業療法士・・・4年生で作業療法士、理学療法士で学科がある専門学校です。