大学の特徴


作業療法士や理学療法士の国家資格取得、そしてその国家資格を活かして就職することが3年制や4年制のリハビリ専門学校に入学する主な目的です。一方の大学は、必ずしも作業療法士や理学療法士の国家資格取得や、取得した国家資格を活かしての就職というわけではありません。また、国家資格を取得すること自体、大学を卒業するためには絶対に必要というわけでもありません。

大学に通う目的は学士の称号の獲得であり、大学に通うことになった人たちのなかには、国家試験を受験しない人も多いです。医療系の科目だけでなく、一般教養の科目を学んでいくなかで、別の分野に興味や関心がわいて、作業療法士や医学療法士とは異なる道へ進む人がいるというわけです。また、作業療法士や理学療法士を志す人ばかりが通っているわけではないため、別の分野に進もうとしているまわりの学生の影響を受けて別の分野の仕事に就く人もいるでしょう。

なお、リハビリ専門学校と比較して、学費は大学のほうが総額で割高になるケースが多いです。大学に進むことが合っている人がいるとすれば、まだ作業療法士や理学療法士になるかどうか100%気持ちがかたまっていない人は大学がよいでしょう。反対に、決意がかたいという人は、国家資格の取得と資格を活かした就職に特化したカリキュラムが組まれているリハビリ専門学校が合っているでしょう。