4年制の特徴


4年制のリハビリ専門学校に入学する場合の強みは、修了者は高度専門士という称号を獲得できることです。高度専門士は大卒者が獲得できる称号である学士と同等の称号であり、就職すると大卒扱いになり、3年制のリハビリ専門学校と比較して給与の面で優遇されることが少なくありません。

また、3年制のリハビリ専門学校と比較して、1年間分長く学校に通うことが可能です。国家試験までの期間に余裕があり、3年制のリハビリ専門学校と違って基本的により広く、深く知識や技能を身につけることが可能です。じっくりと学び、確実に国家試験に合格したい、即戦力として活躍したい、浅い知識や技能しかないまま現場に出て苦労したくないという人に、4年制のリハビリ専門学校は向いているといえるでしょう。

ただし、3年制のリハビリ専門学校や大学と同じように、4年制のリハビリ専門学校にはデメリットといえるような部分もあります。それは、3年制のリハビリ専門学校と比較して、学費が割高になってしまう場合があるということです。ただし、なかには同一の学校で3年制と同等か、ほかの3年制と比較して割安なリハビリ専門学校もあります。また、学費の分割納入制度、奨学金制度を利用することにより、学費の負担を軽減することも可能です。