3年制の特徴


3年制のリハビリ専門学校を選択した場合の強みは、4年制のリハビリ専門学校や大学と比較して、就職がスムーズに決定した場合に限定されはするものの、短期間で現場に出ることが可能ということです。1年早く現場での仕事をスタートすることができるため、早く給与を得ていくことも可能です。短期間で現場に出られること、学費が割安であること以外には、科目数が4年制のリハビリ専門学校に比べて少ないことも特徴の一つです。

このほか、3年制では多くの場合、4年制のリハビリ専門学校や大学に比べて学費の総額が安くなります。3年制と4年制のリハビリ専門学校では、1,000,000円近く学費に違いが出るケースも珍しくありません。ただ、3年制のリハビリ専門学校には、4年制のリハビリ専門学校と比較して不利な点もあります。

早く現場に出られるという強みはあるものの、学習できる内容が1年間ぶん少ないため、4年制に通う場合と比べて浅い知識・技能しかない状態で就職してしまい、現場で苦労することになる人が少なくない点です。また、3年制のリハビリ専門学校の場合、給与は大卒扱いとはなりません。したがって、4年制のリハビリ専門学校や大学卒業者と比較して、年収が低くなってしまう可能性がある点に注意が必要です。